用語辞典

用語辞典

ドラキュラ
人の血を食して生きる吸血人間。
人がドラキュラに噛まれ、その後に血を与えられると自らもドラキュラになり、不老不死となる。
基本、人の血のみで生き、人の血に飢え、人を襲う。
人(食糧)の取り合いになるので、仲間はむやみには増やさない。
普段は人のふりをして生きている。
弱点は、銀の物、十字架、日光、にんにく。
吸血コウモリ
人の血を狙って襲ってくるコウモリ。
混血ドラキュラ
人とドラキュラの血が入った混血のドラキュラで、なぜか女性しか生まれない。
混血のため人を殺すことは好まないが、血を欲している。
普通の食べ物も食べるが、血も飲まないと生きていけない。
ゆっくりと年をとり、50年生きると人間の10歳くらいに成長。
弱点は特にない。
夜は棺で寝ているが、新月の夜はドラキュラの血が騒ぎ、夜通し、馬鹿騒ぎする。
『メイドラ』の物語は、貿易事業で栄える名家・角倉一族の屋敷で展開される。
ドラキュラが好む「血」を持つ角倉一族は、その身を守るため、混血ドラキュラの「メイド」たちと
代々、契約を結び、特別な関係を築いている。
角倉一族(すみのくら いちぞく)
貿易事業で冨を蓄え栄えている一族で、代々続く名家。
ドラキュラにとって、この一族の「血」は美味しく、かつ、少しの量でも活力が湧くとされている。
そのため、多くのドラキュラに狙われている。
一族は広大な土地に住んでおり、メインの屋敷を中心に、それぞれの家族の屋敷がある。
メイドラキュラ
角倉家に仕える混血ドラキュラのメイドたち。
古くから、角倉一族を護る代わりに一族の特別な「血」をもらっている。
血をもらうときは、歌や踊りで角倉家の感情を変えることで、「血」の味を望むものに変えている。
角倉一族の者は、「メイドラ」の一人と一対一の主従関係を築くことによって、一人前と見なされる。
そのため、一定の年齢になった角倉一族の者とメイドは、敷地中央のメインの屋敷で一緒に暮らすことにより、運命の相手を見出す慣習になっている。
運命のメイドと指輪
角倉家に生まれた者は、10歳を迎えると各家の指輪を受け継ぎ、メインの屋敷で暮らしはじめる。
同じようにメイドも、10歳(50年)を迎えると各家のリボンを受け継ぎ、メインの屋敷に住み、働き始める。
まだ主人のいないメイドに角倉家の者が心を動かされると、指輪がメイドの付けているリボンの色に光り出す。
最終的に、主人と運命のメイドが一組のペアとなったかどうかの判定は、メインの屋敷にある聖杯に角倉家の候補が「血」を垂らすことによって行われる。
垂らされた「血」が、聖杯の中で角倉家の紋章である「薔薇」を形づくり、なおかつメイドのリボンの色に輝くと、相手が確定したと見なされる。
運命のパートナーとなった主人とメイドは、メインの屋敷から自分の屋敷に戻って暮らすようになる。